悪徳業者に騙されないためには

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

相場を把握する

外壁塗装では悪徳業者、もしくは悪徳ではなくても外壁塗装を専門としていない業者もあります。そういった業者に作業を依頼してしまうと、相場よりも高い費用を請求されたり、仕上がりがイマイチだったりとさまざまなトラブルが起こる可能性が高くなります。
そういった悪徳業者に騙されないために必要な事としては、まずは自分の家の外壁塗装の相場を知っておくことです。外壁塗装には相場というものはないと言われます。それはあくまでその家によって作業面積や立地が違いますし、使用する塗料も違うため、一概に坪単価いくらが相場という事は明確に言えないのです。ですが、その家1軒だけをみれば、やはり相場はあります。この家の規模でこの塗料を使えば、だいたいはこれくらいだろうという相場はあるものなのです。
そういった相場を把握しておけば、悪徳業者に騙される心配は少なくなります。ただ、それは相場よりもはるかに高い額の見積もりを出してきた場合だけではありません。逆に安すぎる業者も注意が必要です。相場よりもはるかに安いということは、素人同然の方が作業する可能性もありますし、必要な工程まで省いている可能性も否定できません。また、見積もりの時点では安い額を提示して、いろいろと追加料金を請求され最終的は請求額は相場よりもはるかに高くなってしまうということも考えられます。
そういったチェックをするためにも、相場を知っておきましょう。相場を知る方法としては、やはり複数の業者に見積もりを出してもらう事です。それにより、どれくらいが一般的な額なのかもある程度分かってくるでしょう。

外壁塗装に最低限の知識を持つ

外壁塗装については、業者よりも知識があるということはないでしょう。そのため、すべて業者任せにする方も少なくありません。ただ、それだと悪徳業者に騙されていても気がつかないでしまいます。
そうならないためには、外壁塗装に関する最低限の知識を持っておくことも大切です。例えば、外壁塗装の手順です。基本的な外壁塗装では、足場を組んで、養生し、高圧洗浄機で洗浄、下地処理、下塗り、中塗り、上塗りという手順がありますが、業者によっては安く済ませるため、時間短縮のためどこかの工程を省いてしまうところもあるのです。これくらいについては作業を見ていればわかるものですし、見積もりの段階でどのような手順で行うのかを確認するだけでもOKです。もしどこかの工程が抜けているようであれば指摘してもいいですし、見積もりの段階ならその時点でその業者は排除することもできるでしょう。
また、塗料も色々な種類があるので、それらの特徴なども知っておくと塗料選びの際の参考になります。悪徳業者によっては、見積もりの時とは違う安価な塗料を使うところもあります。そういった場合でも塗料について詳しく知っておけば指摘できるでしょう。
まずは見積もりの際に、多少知ったかぶりになってしまっても構わないので、いろいろと質問をしてみるといいかもしれません。それで適切な回答が得られるようであれば信じてもいいでしょう。もし回答をあやふやにされたり、当然知っておくべきところも知らないようならその業者は避けた方が良いかもしれません。

複数の業者に見積もりを取る

悪徳業者に騙されないためには、まずは複数の業者に見積もりを取ることから始めましょう。悪徳業者の場合、相場よりも高い値で作業を請け負ったりするものです。普通の人は外壁塗装がいくらするものなのかは全く分からないところです。「これくらいが相場です。これ以上安いところはないです」とか「家の構造がこうなので、ちょっと費用がかかります」と言われてしまえば、信じてしまう人も少なくないのではないでしょうか。ですが、そういった点も複数の業者から見積もりを取ることで回避できます。
また、複数の業者から見積もりを取ることで、外壁塗装にはどのような費用が必要で、どれくらいかかるものなのかもわかります。例えば、足場費用だけを見ても業者によって価格が違ってくるかもしれません。その時に「同じ足場なのに、何でこんなに費用が違うの?」と聞いてみることもできるでしょう。また作業人数に関しても大きな差がある場合もあるのです。作業人数が増えれば増えるほど人件費がかかってしまいます。1人増えるだけで数万円、数十万円と違ってくることがあります。不要な人数がいればやはり指摘することもできるでしょう。
複数の業者に見積もりを取る方法としては一括見積もりサイトというのがあります。これだと一度で複数の業者に見積もり依頼ができるので便利です。それだけじゃなく、サイト側でも悪徳業者は登録出来ない場合があるので、悪徳業者を排除するためにも一括見積もりサイトを利用してみるといいでしょう。

訪問販売・電話販売は断る

悪徳業者に騙されてしまうケースとして一番多いのが、訪問販売や電話販売で依頼してしまった場合です。多くの方は普段の生活の中でそろそろ外壁塗装しなきゃいけないな、等と思うケースはそれほどありません。誰かに指摘されて、「そう言えば前にやってからかなりの年数が経つな」と思って検討するものです。そのきっかけとなるのが訪問販売や電話販売です。「そろそろ外壁塗装をした方が良いと思います」などといわれれば、そうかな、じゃあお願いするか、と安易に頼んでしまう人もいるでしょう。
確かに訪問販売や電話販売がきっかけで外壁塗装を検討するのはタイミングとしてはいいことでしょう。ですが、あくまできっかけとしてはいいですが、訪問販売や電話販売はとりあえず断っておいた方が良いでしょう。もちろん、その業者が全て悪徳業者であるとはいいきれません。親身になってくれて技術もある、それでいて価格もリーズナブルである可能性もあります。ですがその反面、悪徳業者である可能性も否定できないのです。
考え方にもよるかもしれませんが、もし親身になってくれて、技術もある、価格も安い、という業者であれば、おそらく評判もいいでしょうから仕事をたくさん請け負っているはずです。あえて人を使って訪問セールスしたり、電話をかけまくらなくても十分なくらいでしょう。逆を言えば、仕事がないから訪問販売や電話販売をして仕事を探していると言えます。そういった仕事がないということは、悪徳業者とは言わないまでも何か問題がある可能性もあります。ですので、きっかけとしてはいいですが、まずは断ってそれから業者選びをするといいでしょう。

資格の有無をチェック

外壁塗装業者を選ぶ際のポイントとしては、塗装業としての資格があるのかないのかをチェックしてみるというのも一つの方法です。塗装業の資格としては国土交通大臣認可の塗装工事業の認可、もしくは県知事もしくは大臣認可の塗装技能士の資格などがあります。前者の場合はその会社が、後者の場合には代表者もしくは作業員がそういった資格を取得しているのかという点です。
外壁塗装をおこなうのに資格が必要なの?と思う人もいるかもしれません。厳密に言えば外壁塗装は資格がなくてもできます。だからこそ悪徳業者であったり、外壁塗装を専門としない会社が仕事を増やすためにおこなっていることがあるのです。
もちろん、資格がないから悪徳業者、技術レベルが低いというわけではありません。資格がなくとも丁寧な仕事をしてリーズナブルな価格を提供してくれるところもあります。ですが、総合的にみると、資格がない業者は塗装業を専門としていないケースが多く、技術的にも経験も未熟というケースが少なくありません。また、専門としていないため、作業員などはさらに技術レベルが低いと予想されます。専門でしていないのですから、塗料なども仕事を請け負ってから新しく発注する、また個数も少ないでしょうからどうしても専門業者が仕入れするよりも高くなってしまうでしょう。結果的にそれが施主の費用になってしまうのです。
もちろん、資格があっても技術がたいした事がないところもあります。ただ一つの基準として資格の有無は大きいポイントになるでしょう。

誰が作業をするのか確認する

外壁塗装では依頼する業者選びが非常に大切になってきます。当たり前の事ではあるのですが、もっと厳密に言えばその業者選びだけではなく、自分の家の外壁塗装を誰がするのかの方が重要になってきます。「依頼した業者が作業するんでしょ」と思う方もいるかもしれませんがそうでない場合もあるのです。もちろん、個人経営で代表者自ら作業するという塗装会社も少なくありませんので、そういう場合は対応してくれた方が作業するということもあります。ですが、中には依頼した業者ではなく、下請けに依頼するというケースも少なくないのです。大手になればなるほどその可能性は高くなります。
もし、下請けに依頼するとなれば、その業者の評判や口コミというのはあまり信頼できるものではなくなります。また、たとえ実績が豊富にあって、ホームページなどでも写真がたくさん掲載されていたとしても、下請け業者がたくさんありどこが作業したのか分からなければ何の意味もありません。その業者が塗装業の資格を取得しているとしても、実際に作業する下請け会社が資格を有さないのであれば、資格がない人が作業するのと同じです。
ですので、まずは見積もりを出してもらった場合に、作業はどこの業者で行うのか、誰が行うのかしっかりと確認しておく必要があります。請け負った業者がそのまま作業する、一級塗装技能士の資格がある方が作業するというのであれば、あとは業者の評判や実績、費用面などの問題となってきますが、もしそうでなければその業者に依頼するのはやめておいたほうがいいでしょう。

知人の紹介だけでは決めない

外壁塗装業者を決める場合、意外と多いのが知人の紹介だけで決めてしまうことです。もちろん、実際にその知人が外壁塗装をして良かった、安かったから紹介するのでしょうが、それだけで安易に決めてしまうと失敗する可能性があります。それは人によって感覚が違っているからです。作業現場をじっくり見たわけではなく、頼みっぱなしで仕上がりと費用だけを見て綺麗に塗ったし、安かったから、と思う方も少なくありません。実際、よほど色ムラがないかぎり素人目には綺麗に見えることでしょう。それがたとえ手抜きをされていたとしても見た目で分かるものではないのです。その違いが出てくるのは、数年後に塗装が剥がれてきた時なのです。実は手抜き作業をした悪徳業者である可能性も否定できません。また、安いといっても正確な金額を聞いたわけでなければ安いか高いかなど判断出来ませんし、そもそも家の規模によっても変わってくるので、金額を聞いていてもそれが相場よりも高いか低いか分かりません。
もちろん、実際に作業した方の紹介は悪いことではありません。少なくとも法外な費用を請求されていない、見積もりよりもはるかに高い費用を請求されない、ということでしょう。ですので、その知人の紹介もひとつの比較ポイントにしておく事は大切です。それを踏まえた上でいろいろな比較ポイントも加味して業者選びをするといいでしょう。また、もし可能であればその知人が外壁塗装する際にその作業状況を見せてもらえばいいでしょう。

PAGE TOP